So-net無料ブログ作成

Windows10の大型アップデート「Fall Creators Update」の新機能(1/未定) [-Fall Creators Update]

MicrosoftのWindows10は2015.7.29の最初のバージョンが提供されていらい5回目のアップデートが行われています。

1回目(2015.07.29)Windows10
2回目(2015.11.12)November Update
3回目(2016.08.02)Anniversary Update
4回目(2017.04.11)Creators Update
5回目(2017.10.17)Fall Creators Update

直近の2017年の10月の大型アップデート(Fall Creators Update)では、大型とは言っていますが今までの機能の改良がほとんどです。

Fall Creators Updateの新機能は以下の通りです。

1)ユーザーインターフェースについて
・Fluent Design Systemを推進する(スタートメニュー、電卓アプリなど)

2)ストレージについて
・OneDriveのファイルのオンデマンド化する
・ストレージセンサーを使う

3)Android端末との連携について
・Android端末と連携する
・MR(複合現実)デバイスに対応する

4)グラフィック関連について
・ストーリーリミックス(フォトアプリ)
・ペイント3Dの利用を推奨する
・タスクマネージャーでGPU負荷機能を表示する

5)コミュニケーションについて
・People(連絡先)をタスクバーに表示する

6)ブラウザーについて
・Google Chromeから移行できる
・Cortana検索や手書きメモを追加
・お気に入りのURLの編集が楽になる
・タスクバーにサイトをピン留めできる
・PDFの注釈機能追加

7)セキュリティについて
・フォルダーアクセスをコントロールする
・EMETの機能を統合する(Windows DefenderのExploit Protection)

8)その他
・バッテリーモード変更を簡単にする
・電卓アプリで通貨換算できる
・新フォント(UDデジタル教科書体)を追加する
・コマンドプロンプトのフルカラーにする
・[設定]でCortanaやリモートデスクトップ、ネットワークなどを統合する

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット