So-net無料ブログ作成

Fluent Design上、タスクマネージャーでGPU負荷機能表示(16/未定) [-Fall Creators Update]

スポンサードリンク




GPU(Graphics Processing Unit)は、グラフィックコントローラ等とも呼ばれ、CPUに対する負荷の重い画像処理に特化したプロセッサです。

3Dゲーム等で動作のパフォーマンスを上げるには、GPUの負荷がどれくらいあるのか知りたくなるところです。

新機能では、タスクマネージャーでGPUのパフォーマンスをモニタリングできるようになりました。

1)タスクバーの上でマウスを右クリックし、表示されたメニューから[タスクマネージャー]を選択します。

20190128-01a.png

2)[パフォーマンス]タブをクリックし、[GPU]の項目をクリックすると、GPU関連の詳細情報が表示されます。

20190128-02a.png

3)[プロセス]タブをクリックすると、プロセス毎のCPU、メモリ、ディスク、ネットワーク、GPU等の情報が表示されます。

20190128-03a.png

上記画面の例ではGPUは74%負荷ですが、これが100%になってもゲーム等の動きは問題ありません。



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。