So-net無料ブログ作成

家族のメンバーに子供のサインインアカウントを追加する(13/21) [-アカウント]

スポンサードリンク




家族を追加すると、家族毎に「サインインアカウント」と「デスクトップ」を割り当てることができます。

家族の「サインインアカウント」は「Microsoftアカウント」が必須で、ローカルアカウントとしては追加できません。

操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[アカウント]を順に選択します。

(2) 左領域の[家族とその他のユーザー]の項目をクリックし、右領域の「家族」の項目の[家族のメンバーを追加]をクリックします。

20160722-01a.png

(3) [お子様を追加する]のラジオボタンを選択し、子供のメールアドレスをキー入力してから[次へ]ボタンをクリックします。

20160722-02a.png

(4) 「このユーザーを追加しますか?」のメッセージが確認できたら、[確認]ボタンをクリックします。

20160722-03a.png

(5) 「招待が送信されました」のメッセージが確認できたら、[閉じる]ボタンをクリックします。

20160722-04a.png

(※ 送信元が「管理者」のメールが、子供のメールアドレスへ送信されます。また、「家族」の領域には追加したメールアドレスの直下に「子供、保留中」と表示されます。)

20160722-04c.png

(6) 子供は自分のメールアドレスに届いた招待メールを確認し、[招待の承諾]ボタンをクリックします。

20160722-05a.png

(7) 「ファミリに参加」と表示されたMicrosoft社のWebページを確認し、[サインインと参加]ボタンをクリックします。

20160722-06a.png

(8) 追加したメールアドレス(Microsoftアカウント)が表示されていることを確認し、自分で決めた任意の「パスワード」をキー入力後に[サインイン]ボタンをクリックします。

20160722-07a.png

(9) 生年月日を各プルダウンメニューから選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

20160722-08a.png

(※ 「ファミリには誰かいますか?」のメッセージが表示されたWebページを確認できたら、子供本人の追加したMicrosoftアカウントの管理ページへのサインインは完了です。)

20160722-09a.png

(※ 「アカウント」の設定画面を再表示させた時、子供の右隣に表示されていた「、保留中」の文字は消えます。)

20160722-10a.png

これで、子供のサインインアカウント(Microsoftアカウント)の追加操作は完了です。

(10) パソコンの管理者に、子供が招待を承諾してファミリのメンバーになったというメールが届きます。

20160722-19a.png

---------------------------------

追加した子供のサインインアカウント(Microsoftアカウント)の権限(管理者、標準ユーザー)を変更したり、サインインをブロック(拒否)したりできます。

■ アカウントの種類の変更

(1) 「家族」の領域で新しく追加した子供のメールアドレス(Microsoftアカウント)をクリックし、表示された[アカウントの種類の変更]をクリックします。

20160722-11b.png

(※ アカウントの種類(権限)は、デフォルトでは「標準ユーザー」と表示されています。)

20160722-13a.png

(2) [標準ユーザー]の欄をクリックし、表示されたメニューから[管理者]をクリックして、[OK]ボタンをクリックします。

20160722-14a.png

(※ 「子供」の左隣に「管理者」が表示されます。)

20160722-14b.png

■ サインインアカウントのブロック

(1) 「家族」の領域で新しく追加した子供のメールアドレス(Microsoftアカウント)をクリックし、表示された[ブロック]をクリックします。

20160722-12a.png

(2) [ブロック]をクリックします。

20160722-15a.png

(※ 「サインインできません」と表示され、[アカウントの種類の変更]はグレーアウトし、[ブロック]は[許可]に変わります。)

20160722-16a.png

(3) 再びサインインできるように戻すには、[許可]をクリックします。

20160722-16b.png

(4) [許可]をクリックします。

20160722-17a.png

(5) 「サインインできます」と表示され、[アカウントの種類の変更]はアクティブに、[許可] は[ブロック]に変わります。

20160722-18a.png

【参考】
・「管理者」とは、コンピュータへの完全なアクセス権を持ち、Windows上の必要な変更をすべて実行できる権限者です。
[例]
-アプリやドライバのインストールとアンインストール
-Windowsの動作に必要なファイルの削除
-コンピュータやWindows全体に関係する設定変更

・「標準ユーザー」とは、Windows上のほとんどの操作はできるが、他のユーザーやコンピュータのセキュリティに影響する操作は制限されている権限者です。
[例]
-アプリやドライバのインストールとアンインストールは不可
-Windowsの動作に必要なファイルの削除は不可
-自分以外のユーザーアカウントに関係する設定変更は不可

・コンピュータ上で「管理者」のアカウントしか存在しない時は、その「管理者」のアカウントを「標準ユーザー」に変更できません。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。