So-net無料ブログ作成

スペルミスの語句を自動修正する(8/9) [-デバイス]

スポンサードリンク




Windows10ではスペルチェック(文章校正)機能が装備されています。

しかし、一般にスペルチェックはWordやExcelなどOfficeアプリで行っており、Windows10のスペルチェックとは連動していないようです。

例えば、Windows10のスペルチェック機能が無効でも、メール本文入力中(Outlook2010)にスペルチェックが働きましたので、Windows10のスペルチェックの機能は少なくてもOutlook2010には影響していません。

[Outlook2010]
(※ 文字入力中に自動修正されます。)
・「dictionery」 → 「Dictionary」
・「おはよおございます」 → 「おはようございます」

今のところWindows10のスペルチェックが影響を及ぼす対象がどこなのか不明ですが、Windows10にはスペルチェックの機能が装備されていることは確かです。

設定操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[デバイス]を順に選択します。

(2) 左領域の[入力]の項目をクリックすると、右領域の「スペルチェック」の「スペルミスの語句を自動修正する」と「スペルミスの語句を強調表示する」の項目のスイッチを「オン」(デフォルト)または「オフ」に設定できます。

20160604-04a.png

(※ スイッチが「オン」の時は「自動修正する」「強調表示する」、「オフ」の時は「自動修正しない」「強調表示しない」です。)

【参考】
・「スペルチェック」とは、テキスト入力時にスペル(語句)の間違いの単語を特定することです。スペルチェック機能はワープロ、電子メール、電子辞書、検索エンジンなどのソフトウェアに単独で組み込まれています。
・「強調表示」とは、誤入力の可能性のあるスペル(語句)の下に赤い波線が表示されることです。
・Windows10のスペルチェック機能が影響する可能性のあるのは、「コルタナ」「Microsoft IME」「地域と言語」くらいかもしれません。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。