So-net無料ブログ作成
-Microsoft Silverlight ブログトップ

プラグインの「Microsoft Silverlight」は使えるか?(1/1) [-Microsoft Silverlight]

「Microsoft Silverlight」はWindows10にプリインストールされているプラグイン(ソフトに機能を追加する小さなプログラム)で、Webブラウザ上で動画を再生することができます。

Webブラウザ上で動画を再生するプラグインとして有名なのはアドビ社が開発した「Flash Player」ですが、「Silverlight」はMicrosoft社が「Flash Player」に対抗して開発したものです。

一般にYouTube動画を見る時は「Flash Player」が使われており、「Silverlight」を使う機会はほとんどありません。

ただし、Yahoo動画(Gyao!)では「Silverlight」が使われています。

「Silverlight」の詳細情報を見る操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタンを右クリックし、メニューから[Microsoft Silverlight]→[Microsoft Silverlight]を順に選択します。

20160930-01a.png

(※ 「バージョン情報」タブで「バージョン5.1」を確認できます。)

20160930-02a.png

(2) その他に、「更新プログラム」「再生」「Webカメラ/マイク」「アクセス許可」「アプリケーション記憶域」の各タブの情報を確認できます。

--------------------------

「Silverlight」が不要なら「プログラムと機能」からアンインストールすることができます。

しかし、「Silverlight」をアンインストールした場合、「たま~に」、「このページをご覧いただくにはMicrosoft Silverlightが必要です。」と表示される時があるかもしれません。

「Silverlight」は何か悪さをするといったソフトではないので、アンインストールしないでそのまま残しておくべきでしょう。

【参考】
・「Silverlight 5.1」は2021.10.12でサポートを終了する予定だそうです。その理由としては、次世代Webブラウザ「Edge」では「HTML5」を使うので「Silverlight」は不要になるからです。

・「HTML5」では任意の動画フォーマットを文書に埋め込むためのvideoのHTMLタグが追加されているので、動画再生のためのプラグイン(Silverlightなど)をインストールする必要がありません。
-Microsoft Silverlight ブログトップ