So-net無料ブログ作成
-アプリ ブログトップ

Windows Live Messengerが廃止された?(1/未定) [-アプリ]

Windows Live Messengerは、ネット上でリアルタイムに相手とコミュニケーションするアプリです。簡単にIM(Instant Messenger)とも呼ばれます。

ネット上のコミュニケーションアプリなら「Skype」の方が有名なので、当方はSkypeを使用しています。

Windows10にWindows Live Messengerが装備されていましたので試してみたらエラーになってしまいました・・・

原因は、Skypeがインストール済みなのにSkypeをインストールしようとしたせいでした!

【参考】
・Microsoft社は、2011.5にSkypeを買収しました。そして、Microsoft社が提供していたWindows Live Messengerは2013.3.15に廃止されてSkypeに完全統合されたあと、2013.4.8から新しいSkypeとしてサービス開始されました。

--------------------------------

操作の結果は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[Windows Live Messenger]を順にクリックします。

20160922-01a.png

(2) Microsoftアカウント(メールアドレスとパスワード)を確認し、[サインイン]ボタンをクリックします。

20160922-02a.png

(※ Windows Live Messenger 起動しています・・・のメッセージが表示されます。)

20160922-03a.png

(3) 「Windows Live Messengerにサインインできません」と表示されます。

何か情報を探して[詳細の表示]をクリックします。

20160922-04a.png

(4) 「エラーコード:8004882a」と確認します。

このコードは、サインイン時にスパム行為が疑われたことを意味するようです。当方、スパム行為などしていませんが・・・。

[再試行]ボタンをクリックします。

20160922-05a.png

(5) 再試行してみたら「新しいバージョンをダウンロードできます」ということらしいので、[はい]が選択されていることを確認し、[OK]ボタンをクリックします。

(※ [最新情報]ボタンをクリックすると、「Skype for Windows」の説明ページが表示されます。)

20160922-06a.png

(※ 「Windows Live Messengerの最新バージョンをダウンロード中・・・」と表示されます。この時点では、「Windows Live Messengerの最新バージョン」が「Skype」だとは理解できていませんでした・・・)

20160922-07a.png

(6) 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されますので、[はい]をクリックします。

(7) 「Windows Live Messengerの最新バージョン」をインストールしているつもりだったので、「Skype」表示になったので驚き!

最後まで試そうと、[続行]をクリックします。

20160922-09a.png

(8) さらに、[同意する-次へ]をクリックします。

20160922-10a.png

ここで、すでにSkypeはインストール済みですということでエラーになります!!

Windows Live MessengerのユーザーでまだSkypeをインストールされていない場合は「Skype 6.3」がインストールされ、それまで使っていたメWindows Live MessengerのIDを使ってサインインすることができます。

また、いままで使用していたコンタクトリストなどもそのまま移行されるようです。

-アプリ ブログトップ