So-net無料ブログ作成
検索選択

付属のアプリでカメラが使用できるように設定する(1/18) [-プライバシー]

Windows10には、Webカメラ等を使用できる以下のようなアプリが付属しています。

・Freash Paint
・Microsoft Edge
・OneNote
・Sway
・アプリコネクター
・マップ
・メッセージング&Skype

これらのアプリがWebカメラ等を使用できるように設定する操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[プライバシー]を順に選択します。

(2) 左領域の[カメラ]の項目をクリックし、右領域の「カメラ」と「カメラを使用できるアプリの選択」の項目を設定します。

20160630-01a.png

(3) 「カメラ」のスイッチが「オン」になっていることを確認します。

20160630-01b.png

(4) Webカメラ等を使用したいアプリのスイッチを「オン」にします。

20160630-01c.png

(※ デフォルトでは、すべてのアプリのスイッチが「オン」です。つまり、すべてのアプリがWebカメラ等を使用できます。)

(5) 例えば、お絵かきアプリの「Fresh Paint」の画面上にある「カメラ」をクリックしてWebカメラ等の画像を取り込むことができます。

20160630-04a.png

(6) 例えば、お絵かきアプリの「Fresh Paint」とWebブラウザの「Microsoft Edge」でカメラを使用しない場合は、両アプリのスイッチを「オフ」にします。

20160630-02a.png

(7) また、すべてのアプリでWebカメラ等を使用しない場合は、「カメラ」のスイッチを「オフ」にします。

20160630-03a.png

(※「カメラ」のスイッチを「オフ」にすると同時に、ここに表示されているすべてのアプリのスイッチが「オフ」になり、これらのアプリではWebカメラ等は使用できなくなります。 )

【参考】
・「アプリコネクター」は「メール」のようなアプリと言うよりは「データ共有技術」のことで、同期が不安定なアプリを安定化させる機能があります。そのため、基本的には「アプリコネクター」のスイッチは常に「オン」にします。

Windowsのアップデートを手動で確認する(1/未定) [-更新とセキュリティ]

操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[更新とセキュリティ]を順に選択します。

(2) 左領域の[Windows Update]の項目をクリックし、右領域の「更新プログラムのチェック」をクリックします。

20160629-01a.png

(※ 「更新プログラムを確認しています…」というメッセージが表示されます。)

20160629-02a.png

(3) 更新プログラムが無い場合には、例えば「お使いのデバイスは最新の状態です。最終確認日時:今日、21:11」のように表示されます。

20160629-03a.png

(※ 更新プログラムが見つかった場合は、例えば「8個の重要な更新プログラムが利用可能です。」というメッセージが表示されます。更新プログラムを利用する場合は、[更新プログラムのインストール]ボタンをクリックします。すると、更新プログラムのインストールが開始されます。)

ネットから追加のテーマをダウンロードする(12/12) [-パーソナル設定]

Microsoftのサイトから、好みのテーマを選択してダウンロードできます。

操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[パーソナル設定]を順に選択します。

(2) 左領域の[テーマ]の項目をクリックし、右領域の「テーマの設定」をクリックします。

20160628-01a.png

(3) [オンラインで追加のテーマを取得]をクリックします。

20160628-02a.png

(4) 好みのテーマの[ダウンロード]をクリックします。

20160628-03a.png

(※ テーマは、「Animals」から「Windows」まで様々な分野の中から選択できます。)

20160628-03b.png

[その他のテーマの例]
20160628-03c.png

(5) ダウンロードしたテーマパック(例:NASAHidden…..themepack)をクリックします。

20160628-04a.png

(※ 「マイテーマ」の中に、ダウンロードしたテーマの名前とサムネイルが表示されます。)

20160628-05a.png

(6) 「個人設定」のウィンドウを[×]をクリックして閉じると、デスクトップの背景としてダウンロードしたテーマの背景画像が表示されます。

20160628-06a.png

好みに応じていろいろなテーマをダウンロードして、デスクトップの背景やタスクバーなどの視覚効果やシステムから出る音を楽しむことができます。

【参考】
・ダウンロードしたテーマをカスタマイズしたい場合は、「マイカテゴリー」の「パーソナル設定」の「デスクトップの背景、色、サウンド、スクリーンセーバーをカスタマイズする(11/12)」を参照してください。

デスクトップの背景、色、サウンド、スクリーンサーバーをカスタマイズする(11/12) [-パーソナル設定]

デスクトップの背景、色、サウンド、スクリーンサーバーから構成された「テーマ」を、自分好みにカスタマイズできます。

操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[パーソナル設定]を順に選択します。

(2) 左領域の[テーマ]の項目をクリックし、右領域の「テーマの設定」をクリックします。

20160627-01a.png

(3) 「Windowsの標準のテーマ」の3つ、「ハイコントラストテーマ」の4つのいずれの「テーマ」をベースにしてカスタマイズしてもかまいませんが、ここでは例えば「Windowsの標準のテーマ」の「Windows10」のテーマをベースにしてカスタマイズします。

[Windows10]をクリックし、次に[デスクトップの背景]をクリックします。

20160627-06a.png

(※ 「パーソナル設定」のウィンドウが表示されます。)

(4) 左領域の[背景]の項目が選択されており、右領域の「背景」は[スライドショー]が選択されていることを確認します。

20160627-07a.png

(5) 「背景」の入力枠をクリックし、表示されたメニューから[画像]を選択すると「画像を選んでください」の文字と画像一覧が表示されますので、画像一覧から好みの画像(例:緑色の葉っぱの画像)をクリックします。

20160627-08a.png

(※ クリックした画像が画像一覧の一番左に移動し、プレビュー表示されます。)

20160627-09a.png

(※ 画像一覧の直下の[参照]ボタンをクリックして、ユーザー自身で用意した画像を背景として追加することもできます。)

(6) パーソナル設定の「背景」の設定が終わったら、ウィンドウの[×]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

20160627-09b.png

(※ 「個人設定のウィンドウには、「Windowsの標準のテーマ」の上側に「マイテーマ」と「未保存のテーマ」の名前とサムネイルが表示されます。「Windows10」のテーマの構成要素の1つでも設定変更されたら、 [未保存のテーマ]の名前とサムネイルが作られます。)

20160627-10a.png

(※ サムネイルの表方形の枠は「背景」、手前の正方形の枠は「色」を表します。)

20160627-10b.png

(※ 「色」の設定で、「色の選択」→「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」のスイッチを「オフ」にし、好みのアクセントカラーを選ぶとサムネイルの正方形の枠内も好みの色(アクセントカラー)に変わります。)

20160627-10ba.png

(7) 「デスクトップの背景」以外も、必要に応じて「色」「サウンド」「スクリーンセーバー」を設定変更します。

20160627-10c.png

・「色」の設定変更は、「マイカテゴリー」の「パーソナル設定」の「アクセントカラー、スタート、タスクバー、アクションセンターの色を選ぶ(2/未定)」を参照してください。

・「サウンド」の設定変更は、「マイカテゴリー」の「サウンドを設定する」の「Windows10のシステムが出す音を変更する(1/未定)」を参照してください。

・「スクリーンセーバー」の設定変更は、「マイカテゴリー」の「パーソナル設定」の「スクリーンセーバーを設定する(9/未定)」を参照してください。

(8) すべての設定変更が終わったら、[テーマの保存]をクリックします。

20160627-10d.png

(9) テーマの名前を入力し、[保存]ボタンをクリックします。

20160627-10e.png

(※ 「未保存のテーマ」が入力した「テーマの名前」(例:windows10 2016.0626)に変わります。)

20160627-10f.png

これでカスタマイズは完了です。

-------------------------------------------------------

マイテーマが不要になった時は削除できます。

削除したいテーマ以外のテーマをクリックします。

20160627-11a.png

削除したいテーマを右クリックし、[テーマの削除]をクリックします。

20160627-12a.png

【参考】
・「Windowsの標準のテーマ」と「ハイコントラストテーマ」は削除できません。

デスクトップの背景、色、サウンド、スクリーンセーバーをまとめて変更する(10/12) [-パーソナル設定]

コンピュータの視覚効果(デスクトップの背景、ウィンドウの境界線の色)や音(サウンド)をまとめてテーマとして変更できます。

Windows10には、Windowsの標準のテーマが3つ、ハイコントラストテーマが4つ用意されています。

20160626-00a.png

1つのテーマは、「デスクトップの背景」「色」「サウンド」「スクリーンセーバー」の4つの設定項目から構成されています。

20160626-00b.png

・「デスクトップの背景」とは、Windows10が起動して表示された最初の画面(デスクトップ)の背景として使用する画像、またはスライドショーのことです。

・「色」とは、ウィンドウの境界線やタスクバーの色のことです。また、デスクトップの背景の色が決まったら、ウィンドウの境界線やタスクバーの色を自動的に設定する場合もあります。

・「サウンド」とは、パソコンにサインインしたり、メールを受信したことを知らせる通知があったりした時に鳴らせる音のことです。

・「スクリーンセーバー」とは、マウスやキーボードを一定時間使用しなかった時にディスプレイ上に表示される3D画像やパターンのことです。

--------------------------------------------------

テーマに関する操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[パーソナル設定]を順に選択します。

(2) 左領域の[テーマ]の項目をクリックし、右領域の「テーマの設定」をクリックします。

20160626-01a.png

(3) Windowsの標準のテーマから「Windows」をクリックした時、「個人設定」ウィンドウ内の下方の「デスクトップの背景」は「Harmony」、「色」は「色3」、「サウンド」が「Windows標準」、「スクリーンセーバー」は「なし」がそれぞれ設定されています。

20160626-02a.png

それぞれの設定画面を確認する時は、「デスクトップの背景」「色」「サウンド」「スクリーンセーバー」をそれぞれクリックします。

[デスクトップの背景をクリックした時のウィンドウ]
20160626-02c.png

[色をクリックした時のウィンドウ]
20160626-02d.png

[サウンドをクリックした時のウィンドウ]
20160626-02e.png

[スクリーンセーバーをクリックした時のウィンドウ]
20160626-02f.png

(4) Windowsの標準のテーマから「Windows10」をクリックした時、「個人設定」ウィンドウ内の下方の「デスクトップの背景」は「スライドショー」、「色」は「自動」、「サウンド」が「Windows標準」、「スクリーンセーバー」は「なし」がそれぞれ設定されています。

20160626-03a.png

(※ テーマを選ぶ毎に、4つの項目設定の内容は少しづつ異なります。)

(5) ハイコントラストのテーマから「ハイコントラスト#1」をクリックした時、「個人設定」ウィンドウ内の下方の「デスクトップの背景」は「単色」で「黒」、「色」は「ハイコントラスト」、「サウンド」が「Windows標準」、「スクリーンセーバー」は「なし」がそれぞれ設定されています。

20160626-04a.png

(※ 「ハイコントラスト#1」はテーマのサムネイルを見れば分かる通り、背景は「黒」、ウィンドウのタイトル部や境界の線の色は「青」、ウィンドウ内の文字の色は「黄」に設定されています。)

(6) ハイコントラストのテーマから「ハイコントラスト白」をクリックした時、「個人設定」ウィンドウ内の下方の「デスクトップの背景」は「単色」で「白」、「色」は「ハイコントラスト」、「サウンド」が「Windows標準」、「スクリーンセーバー」は「なし」がそれぞれ設定されています。

20160626-05a.png

(※ 「ハイコントラスト白」はテーマのサムネイルを見れば分かる通り、背景は「白」、ウィンドウのタイトル部や境界の線の色は「黒」、ウィンドウ内の文字の色は「黒」に設定されています。)

「ハイコントラスト#2」や「ハイコントラスト黒」も同様に確認できます。

コンピュータ使用者は、Windows10で用意されたテーマの中から好みのテーマを選択して、コンピュータの視覚効果や音を楽しむことができます。

インテルがWindows10搭載のスティックPC発売(29/未定) [【日記・雑感】]

2016.06.23にインテルから高性能なスティックPC(以下本機)が販売されました。

20160625-01a.png

CPUにCore m3を使用し、Windows10、メモリ4GB、ストレージ64GBなので、普通に日常使うパソコンとして使用できそうです。

Microsoft Officeは付属していないようですが、ワープロや表計算を使いたいならフリーのOfficeを利用することもできます。

値段は5万8000円前後(税込)、モニターにはHDMIケーブルで接続し、キーボードはUSBワイヤレス接続します。

本体サイズは38×114×12mm (幅×高さ×厚さ)、重量は60.2gなので、場所を取りません。

20160625-02a.png

本機の電源出力は20W(5V、4A)なので、現在使用しているデスクトップパソコン本体の300Wに比較すれば87%も省エネです!

欲しいです・・・

[参考:インテルのスティックPC]
http://japanese.engadget.com/2016/06/22/pc-core-m3-ac-usb3-0/

Windows10の強制アップデートに消費者庁も動く(28/未定) [【日記・雑感】]

2016.06.22付で、Windows10へ強制アップデートされる懸念から、消費者庁はWindows7およびWindows8.1を使用している個人ユーザーに向けて注意喚起しました。

[消費者庁のサイト:PDF]
http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/160622adjustments_1.pdf

20160624-01a.png

「Windows 10 への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項についてマイクロソフトコーポレーションは、パフォーマンスの向上、セキュリティ機能の大幅な向上などを理由として、基本ソフトウェア(OS)の Windows 7 又はWindows 8.1 を利用している世界中の個人ユーザーに対し、Windows 10 への無償アップグレードを推奨しており、現在、実施予定日時をあらかじめポップアップで通知した上で、個人ユーザーが日時の変更やキャンセルを行わない限り、その日時になると自動的にアップグレードを始める方法をとっています(無償期間は、平成 28 年7月 29 日まで。その後、パッケージ製品にて有償で提供。)。

Windows 7 又は Windows 8.1 を利用している個人ユーザーの皆様は、Windows 10へのアップグレードを行うかどうかにかかわらず、次ページ以降の確認・留意事項を確認しておきましょう。マイクロソフトコーポレーションにおいて、主要ソフトウェア及び周辺機器の互換性検証が行われていますが、アップグレード時に以下のような事象に遭遇するおそれがあります。

・誤ってアップグレード中に電源を切ったため、パソコンが起動しなくなるなどの不具合が生じた。
・ソフトウェア(例:ウィルス対策ソフト、会計ソフト)、周辺機器(例:プリンタ、外付け DVD ドライブ)が Windows 10 に対応していないため、使えなかった。
・パソコンが古かったため、正常に動作しないなどの不具合が生じた。また、Windows 10 へアップグレードする場合、通常の OS のアップグレードと同様に、アップグレード中はパソコンを利用することはできませんので、都合の良い日時を設定するようにしてください。」

Windows10への無償アップグレードの期日が2016.07.29に迫り、今までに無償アップグレードしたユーザーがいろいろなトラブルに見舞われているからです。

当方も、Windows7のパソコンを無償アップグレードしましたが、DVDドライブが使用できなくなり、元のWindows7に戻しました。Windows8.1のパソコンは、無償アップグレード後も無事稼働しています。

問題は、ユーザーが無償アップグレードの期日を指定したり、無償アップグレードをキャンセルしたりしなかったら、自動的に無償アップグレードしてしまうマイクロソフトの強引さでしょう。

この記事を見た人は、あと1か月の間に、無償アップグレードするか、キャンセルするかの対応をしてください。

マイナンバー制度のせいでパソコン修理を拒否される?(27/未定) [【日記・雑感】]

マイナンバー制度には次のようなメリットがあるようです。

・日本の住民には、住民票に「住民登録番号」、年金に「基礎年金番号」、健康保険に「保険者番号」、税金に「整理番号」が割り当てられており、ある役所に提出する種類には別の役所の書類が必要になるなど手続きが面倒だったので、マイナンバーで一元化して1回の手続きで済むようになる(行政手続きの簡略化)。
・自治体が管理している本人の個人情報を閲覧できる。
・予防接種、受給できる手当や年金、介護などに関する自分に合った必要な情報を受け取れる。
・災害時に要支援者リストをすばやく整備するのに活用できる。

しかし、そのメリットをまだ実感できていませんが・・・

マイナンバーの利用が始まった2016.1.1以降、パソコンメーカーではパソコン修理を拒否される場合があるようです。

[富士通パーソナルコンピュータ修理規定]
https://azby.fmworld.net/support/repair/syurikitei/

(※日本HP、エプソンダイレクトも修理拒否らしい。)

第11条、第(2)項
「(2) 対象機器の記憶装置(ハードディスク等)にマイナンバー(個人番号)が記憶されたデータがある場合には、修理をお受けできません。お客様は、修理をご依頼される前に、お客様の責任においてマイナンバー(個人番号)を消去していただくものとします。なお、修理および診断作業の過程で記憶装置(ハードディスク等)にマイナンバー(個人番号)が記憶されたデータが確認された場合には、修理を実施せずに、お預かりした対象機器をお客様に返却いたします。」

つまり、「マイナンバー(個人番号)が記録されたパソコンは修理できません」ということなのです。

マイナンバーのデータを故意に漏えいさせた人には、最高「4年以下の懲役、200万円以下の罰金」という刑事罰がくだされます。かりに故意ではなくても、民事上の損害賠償の責任があるらしい。

メーカーとしては社員を守るために必要な処理かもしれませんが、ユーザーにとっては個人情報の他にマイナンバーの削除など余計な負担が増えますねえ。

Windows10のシステムが出す音を変更する(1/1) [-サウンドを設定する]

「システムエラー」(ピロロ~ン)、「システム通知」(ポロロ~ン)、「デバイスの接続」(パンポロロン)、「デバイスの切断」(パロロン)等のWindowsのシステムが出す音を変更できます。

システムの出す音を変更することはまずありませんが、音にこだわりたいユーザーは新しい音を追加することもできます。

操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタンを右クリックして、スタートメニューから[コントロールパネル]をクリックします。

20160622-03a.png

-----------------------------------------

■ 「表示方法」が「カテゴリ」の場合

(2) [ハードウェアとサウンド]をクリックします。

20160622-04a.png

(3) [システムが出す音の変更]をクリックします。

20160622-05a.png

(※ 「サウンド」ウィンドウが表示され、「サウンド」タブが選択されています。)

20160622-06a.png

■ 「表示方法」が「大きいアイコン」の場合

(2) 「サウンド」をクリックします。

20160622-07a.png

(※ 「サウンド」ウィンドウが表示され、「再生」タブが選択されています。)

20160622-08a.png

(3) [サウンド]タブをクリックします。

20160622-09a.png

------------------------------------------

(4) 「サウンド」ウィンドウが開かれ、「サウンド」タブが選択されている状態で、「サウンド設定」には「Windows標準」、「サウンドなし」または「(変更)」が表示されていることを確認します。

「NFP完了」、「NFP接続」、「Windowsテーマの変更」等のプログラムのイベント毎に、サウンド(wavファイル)が紐付けられています。

20160622-09b.png

(※ プログラムのイベント一覧は以下の通りです。)

[Windows]
20160622-10a.png

[エクスプローラ]
20160622-11a.png

[Windows音声認識]
20160622-12a.png

(5) プログラムのイベント毎にサウンドを設定します。

例えば、「プログラムイベント」が「NFP完了」の時、「サウンド」を「Windowsログオフサウンド.wav」を選択します。

20160622-13a.png

(6) 選択した音を実際に聴きたい時は、[テスト]ボタンをクリックします。

20160622-14a.png

(※ 新しい音を追加したい場合は、[参照]ボタンをクリックし、表示された「新しいNFP完了サウンドを参照します。」ウィンドウから選択します。

[サウンド]
20160622-15a.png

[新しいNFP完了サウンドを参照します。]
20160622-16a.png

(7) 必要に応じて、プログラムイベント毎にサウンドを変更し終わったら、[名前を付けて保存]ボタンをクリックします。

20160622-17a.png

(8) 「サウンド設定の名前」(例:Windows set 20160622)を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

20160622-18a.png

(9) 「サウンド設定の名前」が正しく表示されていることを確認したら、[OK]ボタンをクリックします。

20160622-23a.png

これで操作は完了です。

Windows10のシステムが出す音を変更する時は、 「サウンド設定」の入力欄で表示される名前を選択し、[OK] ボタンをクリックします。

-----------------------------------------

不要な「サウンド設定の名前」を削除する場合は、その「サウンド設定の名前」を選択し、[削除]ボタンをクリックします。

20160622-20a.png

削除してよければ[はい]をクリックします。

20160622-21a.png

【参考】
・「サウンド」タブが選択された「サウンド」ウィンドウをすばやく表示させたい時は、以下の通り操作します。

(1) タスクバーのスピーカーアイコンを右クリックします。

20160622-01a.png

(2) 表示されたメニューから[サウンド]をクリックします。

20160622-02a.png

スクリーンセーバーを設定する(9/12) [-パーソナル設定]

スクリーンセーバーとは、1分とか2分とか一定時間パソコンを操作しないと、ディスプレイ上に「3Dテキスト」や「バブル」などのアニメーション画像や指定した「写真」が表示されることです。

[例:花火のニメーション画像]
20160621-00a.png

スクリーンセーバー(screen saver)を直訳すると「画面を救う者」となり、大昔のディスプレイである「ブラウン管ディスプレイ」(CRTディスプレイ)の画面の焼き付きを防止するための機能でした。

「ブラウン管ディスプレイ」の場合は電子銃から発射された電子が画面にあたることにより発光するという表示方式なので、一定時間パソコンを操作しないで同じ画像を表示していると発光性能が劣化してしまうのです。

そのため、スクリーンセーバーを使って動きのあるアニメーション画像を表示させ、発光性能が劣化するのを防止していたわけです。

現在のディスプレイは表示方式の異なる「液晶ディスプレイ」が主流なので、「ブラウン管ディスプレイ」時代の焼き付きはありません。

しかし、仕方なく「ブラウン管ディスプレイ」を使わざるを得ないような場合には、画面の焼き付き防止のためスクリーンセーバーを設定しておく必要があるでしょう。

操作は以下の通りです。

(1) [スタート]ボタン→[設定]→[パーソナル設定]を順に選択します。

(2) 左領域の[ロック画面]の項目をクリックし、右領域の「スクリーンセーバー設定」をクリックします。

20160621-01a.png

(※ 「スクリーンセーバーの設定」ウィンドウが表示されます。デフォルトでは、スクリーンセーバーは「なし」です。)

20160621-02a.png

(3) 「スクリーンセーバー」のプルダウンメニューからいずれか(「なし」「3Dテキスト」「バブル」「ブランク」「ラインアート」「リボン」「写真」)を選択します。

20160621-03a.png

(4) 例えば、「3Dテキスト」を選択し、詳細オプションを設定したい時は[設定]ボタンをクリックします。

20160621-04a.png

(※ パソコンを操作しなくなってからスクリーンセーバーが起動するまでの「待ち時間」を1分間隔で指定したり、スクリーンセーバーを解除したときにログオン(サインイン)画面を表示させるような設定を行ったりできます。)

(5) 「3Dテキスト設定」のウィンドウが開き、「テキスト」「アニメーション」「表面のスタイル」を設定します。

20160621-05a.png

■ テキスト

「時刻」または「カスタムテキスト」を選択し、テキストの「フォント」「解像度」「サイズ」を設定できます。「カスタムテキスト」を選択した場合は、好みの文字を入力します。

20160621-05b.png

■ アニメーション

回転の種類、回転速度を設定します。

20160621-05c.png

■ 表面のスタイル

「単色」「テクスチャ」「反射」のいずれかを選択し、「単色」の場合は「カスタム色」や「色の選択」等それぞれに対応したオプションを設定します。

20160621-05d.png

(6) 3Dテキストの設定が終わったら、[OK]ボタンをクリックします。

20160621-05e.png

---------------------------------------------------

その他のスクリーンセーバーの設定も「3Dテキスト」同様に操作します。

ただし、スクリーンセーバーが「バブル」「ブランク」「ラインアート」「リボン」の場合は、[設定]のオプションはありません。

[例:バブル]
20160621-07a.png