So-net無料ブログ作成

ビデオを観る(4/6) [-動画(映画&テレビ)を観る]

ビデオカメラで撮影したビデオ映像(動画)や、私的複写にてネットからダウンロードしたビデオ映像(動画)を再生することができます

(注)これらのビデオ映像は、Windows10の「ビデオ」フォルダに保存しておく必要があります。

操作は以下の通りです。

(1) ビデオ映像(動画)をビデオフォルダに保存します。

20160131-04a.png

(※購入した 映画の映像は「映画」フォルダに、購入したテレビ番組の映像は「テレビ」フォルダに自動的に保存されます。)

(2) スタート画面から[映画&テレビ]をクリックします。

20160131-01a.png

(3) 20160131-02a.pngが選択され、ビデオ映像(動画)一覧が表示されます。

20160131-03a.png

(※ 次回[映画&テレビ]を起動したときは、終了時の画面を表示します。例えば、「映画」を開いている時に終了すると、次に起動したときは「映画」の画面が表示されます。)

(4) 観たいビデオ映像をクリックします。

20160131-03b.png

(※ ビデオ映像が再生されます。)

20160131-05a.png

テレビを観る(3/6) [-動画(映画&テレビ)を観る]

ストアから観たいテレビ番組の映像を買うことができます。

テレビ番組の映像も映画を買う時と操作は同じです。

操作は以下の通りです。

(1) スタート画面から[映画&テレビ]をクリックします。

20160130-01a.png

(2) 20160130-01d.pngが選択され、テレビ番組タイトル一覧の「表示サンプル」が表示されます。

20160130-10a.png

(※ 「表示サンプル」は、ストアからテレビ番組を買うと「ここに」表示されますということを示しています。一覧に観たい映画が無い時は、[すべてを表示]をクリックします。もちろん、ストアアイコン(20160130-01b.png)をクリックしてストア画面から検索することも可能です。)

20160130-11a.png

(3) [すべてを表示]をクリックする時は、その後の操作はマイカテゴリー「動画(映画&テレビ)を観る」の「映画を観る(2)(2/未定)」を参照してください。

(4) ストアアイコン(20160130-01b.png)をクリックする時は、その後の操作はマイカテゴリー「動画(映画&テレビ)を観る」の「映画を観る(1)(1/未定)」を参照してください。

映画を観る(2)(2/6) [-動画(映画&テレビ)を観る]

ストアから観たい映画を買うことができます。

今回は有料の映画を買う方法についてです。

操作は以下の通りです。

(1) スタート画面から[映画&テレビ]をクリックします。

20160130-01a.png

(2) 20160130-01c.pngが選択され、映画タイトル一覧の「表示サンプル」が表示されます。前回「テレビ」や「ビデオ」の画面で終了していた時は、 20160130-01c.pngをクリックしてください。

20160130-02a.png

(※ 「表示サンプル」は、ストアから映画を買うと映画のタイトルが「ここに」表示されますということを示しています。一覧に観たい映画が無い時は、[すべてを表示]をクリックします。もちろん、ストアアイコン(20160130-01b.png)をクリックしてストア画面から検索することも可能です。)

(3) 観たい映画タイトル(例:猿の惑星)をクリックします。

20160130-03a.png

(4) 「¥2571で購入」をクリックします。

20160130-04a.png

(5) ストアのハスワード(Microsoftアカウントのパスワード)をキー入力し、[サインイン]ボタンをクリックします。

20160130-05a.png

(6) 「映画を購入」の画面から[確認]ボタンをクリックし、指定した映画を購入します。

(※ 映画のダウンロードが終わったら、映画の画面には購入した映画タイトルが映画タイトル一覧に表示されます。)

20160130-08b.png

(7) 購入した映画タイトルをクリックし、次に[再生]ボタンをクリックすると映画の上映が開始されます。

20160130-09a.png

映画を観る(1)(1/6) [-動画(映画&テレビ)を観る]

ストアから観たい映画を買うことができます。

先ずは画質チェックなど無料の映画を探してみましょう。

操作は以下の通りです。

(1) スタート画面から[映画&テレビ]をクリックします。

20160129-01a.png

(※ 20160129-02b.pngが選択され、映画タイトル一覧の「表示サンプル」が表示されます。)

20160129-02a.png

(※ 次回[映画&テレビ]を起動したときは、終了時の画面を表示します。例えば、「テレビ」を開いている時に終了すると、次に起動したときは「テレビ」の画面が表示されます。)

(2) ストアアイコン(20160129-03a.png)をクリックします。

(3) 検索枠に「無料」とキー入力し、検索します。

20160129-04a.png

(4) 「無料」の検索結果から映画のタイトルをクリックします。

20160129-05a.png

(5) [無料で購入]ボタンをクリックします。

20160129-06a.png

(6) [ダウンロード]ボタンをクリックします。

20160129-07a.png

(※ ダウンロードが開始されます。)

20160129-08a.png

(7) ダウンロードが終わったら、[再生]ボタンをクリックします。

20160129-09a.png

(※ 再生が開始されます。再生も早いし、画質もよさそうです。再生状態を確認後、「ストア」の画面を閉じます。)

【参考】
・映画がダウンロードされた後は、映画の「表示サンプル」は表示されなくなります。

-------------------------------------------------------

「映画」の画面には、映画タイトルの「ワイルド7(無料メイキング映像)」が表示されています。再生する時は、この映画タイトルをクリックします。

20160129-10a.png

[再生]をクリックすると映画の再生を開始します。

20160129-11a.png

メールのセキュリティセンターの設定(18/18) [-メールを使う]

セキュリティセンターが何を意味するものなのか不明です。

(1) スタート画面からメールを起動します。

(2) メール画面から20160128-01a.pngをクリックします。

20160128-03a.png

(3) 設定画面から[セキュリティセンター]をクリックします。

20160128-02c.png

(※ ローカルの関連コンテンツを有効にするとはどういう意味だろう。OfficeをMicrosoftのオンラインサービスに接続と書かれているが、ここは「メール」なのでOfficeとは関係ないと思うのだが・・・)

20160128-06a.png

(※ たぶん、ここのメールはOfficeとは無関係なので、「オン」でも「オフ」でも良いと思いますが、デフォルトの「オン」のままにしておきます。)

メールの診断ログの設定(17/18) [-メールを使う]

診断ログの目的やログの保存先が不明です。

(1) スタート画面からメールを起動します。

(2) メール画面から20160128-01a.pngをクリックします。

20160128-03a.png

(3) 設定画面から[ヘルプ]をクリックします。

20160128-02b.png

(※ [ヘルプを開く]をクリックすると、既定のブラウザが開き、Windows10のメールとカレンダーに関するFAQのページが表示されます。)

20160128-08a.png

(※ 「診断ログ」はデフォルトでは「オン」ですが、詳細な診断ログを有効にするとはどういう意味だろう。診断ログを残すことなのだろうか? だとすれば、そのログはどこに保存されるのだろうか・・・など様々不明です! また、「クライアントセッションID」は「診断ログ」と何か関係があるのだろうか・・・、ここは不明なことだらけです^^;)

20160128-05a.png

(※「診断ログ」のスイッチはデフォルトのまま「オン」にしておきます。)

メールセキュリティの設定(16/18) [-メールを使う]

メールセキュリティが何を指すものなのか不明です。

(1) スタート画面からメールを起動します。

(2) メール画面から20160128-01a.pngをクリックします。

20160128-03a.png

(3) 設定画面から[メールセキュリティ]をクリックします。

20160128-02a.png

(※ 「この設定はどのアカウントにも適用できません。」と表示されます。私が登録しているアカウントはOutlook.comにログインするMicrosoftアカウント(独自ドメインのメールアドレス)とGoogleアカウントが2つ(Gmail)の合計3つですが、いずれのアカウントも適用できないってことみたいです^^; 「この設定」とは「メールセキュリティ」を指すと思いますが、そもそも「メールセキュリティ」が何なのか不明です!)

20160128-04a.png

(※ 「メールセキュリティ」を適用できるアカウントを登録した時わかるかも・・・)

メールをスレッド別に整理する(15/18) [-メールを使う]

アカウントのフォルダ内のメールはスレッド別に整理できます。

「スレッド(thread)」は簡単に「スレ」とも呼ばれ、主に電子掲示板の中でやり取りされる記事の投稿(レスポンス)の集まりのことです。「レス」(レスポンスの略称)の集まりが「スレ」とも言えます。

電子掲示板で「スレッドを立てる」とは、特定の話題について最初に記事を投稿することです。

メールで言えば、特定の話題(件名)について最初にメールを送信することを「スレッドを立てる」と呼び、返信メール(レスポンス)の集まりが「スレッド」ということになるでしょう。

スレッド別に整理する操作は以下の通りです。

(1) スタート画面からメールを起動します。

20160126-00a.png

(2) 20160126-00b.pngをクリックし、設定画面から[スレッド]をクリックします。

20160125-03a.png

(※ 選択されたアカウント名と「メッセージをスレッド別に整理して表示します。」のスイッチが表示され、スイッチのデフォルトは「オン」です。スイッチが「オン」の時はスレッド別に整理され、スイッチが「オフ」の時はスレッド別に整理されないで別々のフォルダに整理されます。以下の例では、「Gmail2」のアカウントのメール(またはメッセージ)をスレッド別に整理して表示するように設定しています。)

20160127-09a.png

(3) スレッドは、フォルダ内のメール(またはメッセージ)一覧に表示されます。

20160127-07a.png

(※ メール(またはメッセージ)の件名の左端に表示されている「三角マーク」がスレッドを表します。)

20160127-08a.png

(※ 「三角マーク」の付いたメール(またはメッセージ)をクリックすると、スレッドの中身が開きます(表示されます)。)

20160127-08b.png

(4) スレッド別に整理しない時は、スイッチをクリックして「オフ」にします。

20160127-09e.png

(※メール(またはメッセージ)の一覧には、「三角マーク」無しの独立したメール(またはメッセージ)が表示されます。)

20160127-08c.png

【参考】
・「メッセージをスレッド別に整理して表示します。」のスイッチが「オン」の時は、受信したメールに対して返信する時の「下書き」がスレッドになります。

20160127-04a.png

・メール(またはメッセージ)をスレッド別に整理するアカウントをメニューから選択できます。

20160127-09c.png

・メール(またはメッセージ)が別々のフォルダに整理されてしまうと関連性が分かりづらくなってしまうので、スレッド別に整理することをお勧めします。

メールアプリが突然落ちた?(14/未定) [-Windows10]

メールアプリを操作中(フォルダをクリックしたり、メールをクリックして閲覧ウィンドウを次々に表示させたり)に突然落ちた・・、それも続けて2回も・・・

今までずいぶんメールアプリを操作しているのに不思議な現象です。

「フィードバック」に何か書かれてないかとメールアプリの画面から20160127-03a.pngをクリックし、検索枠に「突然終了する」と入力しようとして、「とつぜん」まで入力すると固まった。マウスカーソルは円形になってグルグル回るばかりです。

20160127-01a.png

しばらく経ってメールアプリを起動後に、「フィードバック」の検索枠に「突然終了する」と入力してみると、同じような現象が起きている例があった。

20160127-02a.png

「そのコメントに1票」を投じておいた!

メールアプリが突然落ちたのは2回だったが、速やかな改善をMicrosoftに望みます。

メール受信時に通知バーを表示させる(14/18) [-メールを使う]

メールを受信した時に受信したことを「アクションセンター」に表示させ、さらに画面下部のタスクトレイの上あたりに通知バーを表示させたり、メールを受信したことを音で知らせたりできます。

設定の操作は以下の通りです。

(1) スタート画面からメールを起動します。

20160123-00a.png

(2) メールの画面から、20160126-00b.pngをクリックします。

(3) 設定画面から[通知]をクリックします。

20160126-00c.png

(※ 通知の設定画面が表示されます。)

20160126-01a.png

(4) アカウントの選択(例:Gmail2)を確認し、「アクションセンターに表示」のスイッチを「オン」にし、「通知のバーを表示」と「音を鳴らす」にチェックを付けます。

20160126-01b.png

(※ メールを受信した時、メール画面では「メールタイトル」に「閲覧ウィンドウ」が表示され、「アクションセンター」にメールの受信履歴や画面右下には「ピロローーン」という音と共に「通知バー」が表示されます。)

[メールタイトル]
20160126-01c.png

[閲覧ウィンドウ]
20160126-01d.png

[アクションセンター メールの受信履歴]
20160126-04a.png

[通知バー]
20160126-03a.png

(5) アカウントを選択する時は、20160126-02a.pngをクリックし、メニューから希望するアカウントをクリックします。

20160126-02b.png

(※ メールアプリに登録しているすべてのアカウントに適用したい時は、[すべてのアカウントに適用する]にチェックを付けます。)

20160126-02c.png

(6) 「アクションセンターへの表示」「通知バーの表示」「音を鳴らす」ことなどを希望しない時は、[アクションセンターに表示]のスイッチを「オフ」にします。

20160126-02d.png