So-net無料ブログ作成
検索選択

古いパソコンではWindows10は荷が重いか?(4/未定) [【日記・雑感】]

スポンサードリンク




Windows7もWindows10へ無償アップグレードできるということで、2010年4月に買った古いパソコンであったけれど、本年11月にWindows10にアップグレードしてみたが、結局元に戻すことになった。

CPUが廉価版のIntel Celeron 2.5GHzであり、ストレージはHDDだし、メインメモリも2GB(DDR2 SDRAM PC2-6400)だったせいか、起動時間も1分と少しかかるしイマイチだった。

元のWindows7に戻すきっかけはDVDドライブがWindows10に対応していないことだったけれど、思ったほど起動時間も早くならず、スタートボタン・アクションセンター・インジケーターのクリック時の反応がおかしい(1~2秒押し続けないと反応しないか、そもそも反応しないことが多い)のもきっかけの1つです。

Windows10を10秒程度(これくらいなら待てるかsmiles)で起動するには、最低でもi3(3.5GHz)のCPU、8GB以上のメモリ、ストレージはSSD搭載のパソコンが欲しい。

Celeron 2.5GHzのパソコンに、Windows10で認識できたLinks International製「IHAS324-17」(メーカーのサイトでは対応OSはWindows 8/7/Vista/XP/Linux)を取り付け、HDDをSSDに交換しても良いのですが、それなら新しいパソコンを作ってしまった方がよいのではないか。

CPUならCore i7が欲しいところですが、価格com調べで最安値38,257円なのでちょっと辛い^^

Corei5で22,470円、Core i3で14,380円なので、次のパソコンはCore i5にしよう!

---------------------------------

元に戻ったWindows7は多少起動時間がかかるが、それ以外は無難に稼働してくれています。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: