So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10の7つのエディションとは(3/未定) [【日記・雑感】]

スポンサードリンク




Windows10には用途に合わせて7つのエディション(Edition)があります。

① Home(個人用)※パソコンやタブイレット向け。
② Mobile(個人用)※スマホ向け。
③ Pro(個人用)※パソコンやタブレット向け。
④ Enterprise(企業用)※パソコンやタブレット向け。
⑤ Education(教育用)※パソコンやタブレット向け。
⑥ Mobile Enterprise(企業用)※スマホ向け。
⑦ IoT Core(ATMやPOS等の業務用)※IoTデバイス向け。

Windows8.1からWindows10へ無償アップグレードする場合、「8.1」や「10」はバージョン(Version)と言います。

バージョンもエディションも日本語では「版」ですが、バージョンの方が意味の範囲が広いようです。

Windows10の機能は①の「Home」が基本で(基本機能はCortana、Continuum、Edge、Windows Hello等)、用途別に機能を追加して残りの6つのエディションが用意されています。

どのエディションへアップグレードされるかは、アプグレード前のエディションで決まっています。

■Windows 7
・「Starter、Home Basic、Home Premium」は、「Windows10 Home」へ無償アップグレード。
・「Professional 、Ultimate」は「Windows10 Pro」へ無償アップグレード。

■Windows 8.1 Update
・「Update、Update with Bing」は「Windows10 」へ無償アップグレード。
・「Pro」は「Windows 10 Pro」へ無償アップグレード。
・「Phone 」は「Windows 10 Mobile」へ無償アップグレード。

【参考】
・「Windows8」と「Windows8.1」は直接「Windows10」へ無償アップグレードできません。
・「Windows8」と「Windows 8.1」は 「Windows 8.1 Update」へ更新(無料)してから「Windows10」へ無償アップグレードしてください。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: